未経験でも大丈夫

読書

塾でアルバイトをする際に必要な資格は、その仕事内容によって変わります。塾講師のアルバイトを行なう際には、最低でも四年制大学、専門学校、短期大学を卒業していることが必要な場合が多いです。それ以外には教員免許や他の資格を持っていなくても応募できる場合もありますし、性別や年令に制限がある事は少ないです。塾でアルバイトを行なう際には未経験者の応募をしている事もあるので、塾のホームページなどの応募フォーム等をチェックしてみましょう。

塾によっては、講師やアルバイト事務として、業務をスタートさせる前にしっかりとした研修システムを用意している事があります。研修システムをしっかり受けることで、未経験者や初心者の人でも、塾で働くために必要なスキルや知識、考え方を学ぶ事が出来ます。研修システムの内容としては、講師研修や事務系スタッフ研修と、職務によって研修プログラムや方法が変わります。講師研修のプログラムは、まず教育理念や講師としての心得などの基本研修から始めます。次に教材を見たり、先輩講師の授業見学をした後に模擬授業を行なったりします。そして、研修プログラムの最後に認定試験を合格することで、晴れて塾の講師として、生徒の前で授業を行なうことが出来ます。事務系スタッフの研修では、塾の方針や教育理念に対して共通の意識を持つことから始めます。そして、塾の事務職としての心構えを確認した後に、事務職に必要なマナー、知識、パソコン技術の基礎を学びます。そして塾の事務職として働いて行く上での目標などを決めて業務を開始します。このように、しっかりとした研修システムやプログラムを受けることで、未経験者や仕事内容が不安な人でも安心して塾で仕事を行うことが出来ます。